ウォーターサーバーで毎日美味しい水を飲んでお肌も身体も元気になりました

引越しの見積もりをだしたサイトから引っ越しのお祝いとして今なら無料でウォーターサーバーを設置できます、と話をいただきました。最初は大丈夫かなとも思いましたが以前からウォーターサーバーには興味があったし、省スペースで置けるとのことで不要だったら解約すればいいかという気持ちで使い始めました。

いま使い始めて2ヶ月目ですが毎日朝から珈琲を飲む習慣がある私達にとっては凄く便利。今まではお湯を沸かしていたのでその間の時間もかからず楽です。お料理にも使っていますが水道水を使って作っていた時よりも凄く美味しくなりました。違いがわかりやすかったのは特にお米で、ご飯の味が変わりました。お水でこんなに違うんだなと夫婦で驚いた位です。

美味しい水やご飯を食べていると心も豊かになるのか、最近は体調も良く周りの方にもなんだかお肌が綺麗になったね!と褒めてもらえたりして良い事づくしです。また私が置いているウォーターサーバーの会社は月々に決められた分ではなく自分達が飲んだ分だけの支払いで、注文も延期可能なので自分達のライフスタイルに合わせられるんです。主人が長期出張などで不在時はそこまで減らないので、このシステムはありがたいです。

飲み水としてだけじゃない!暮らしにフィットするウォーターサーバー

結婚して都会に出てから、水道水のマズさに愕然としました!消毒臭くてとてもそのままで飲むことができず、ニオイの強めなお茶にしたり、飲み水はペットボトルで買ったりとごまかしてきました。しかし、子供が出来てからはそんなごまかしもできません・・・

赤ちゃんのミルクをこのまずい水道水で作るのも抵抗がありますし、かといって、飲み水すべてをペットボトルの飲料水に変えると、尋常じゃない量のペットボトルを買いに行く必要があります。子育てに追われる身で、重たい飲料水を頻繁に買いに行くのなんてムリ!そんなわけで、主人と話し合いウォーターサーバーを導入することを決めました。さっそく、どんなウォーターサーバーがあるのかネットで調べてみると、評判が良かったのが「コスモウォーター」でした。

サーバーレンタル料が0円なので、実質水代と電気代しかかかりません。水の単価も他のウォーターサーバーと比較してみましたが、天然水でも500MLで73円~ととっても安い!スーパーで買う飲料水のペットボトルに比べると多少割高ではありますが、毎月自宅まで宅配してくれるので、重たい買い物をしなくていいこと。そして、衛生管理のシステムもしっかりしているので、最後まで安心して水を使いきれることを考えると、そこまで大きな出費ではないと思います。

今までは飲み水だけ天然水を使い、それ以外は水道水で我慢していましたが、赤ちゃんのミルクだけでなく、お米を炊いたり料理用の水としても気軽に使えて、水がよくなった分、味も良くなりました!富士山の天然水で育った主人も大満足しています!飲み水としてだけでなく、お料理などその他の用途にもフィットするので、とってもオススメです!

自宅にウォーターサーバーを設置して節約に成功

きっかけは友達からの勧誘

私がウォーターサーバーを設置したきっかけは営業職についていた友人の紹介からでした。元々私は口が渇きやすく、1日に2L近く水分をとっています。「水」という飲み物が好きなのです。水道水でも構わないのですが、経済的に余裕がある時は通販サイトで2Lペットボトルを12本まとめ買いをしたりもしています。

自宅で仕事・作業をする時やくつろいでいる時など、邪魔をされたくない時間に飲み物が切れると集中力も切れてしまうのです。ですから私にとって手の届く範囲に飲料があることはとても重要なことでした。ウォーターサーバーが流行始めた頃、友達が「うるのん」の営業職をしていました。「紹介制度を使うとキャッシュバックがあるよ!」という話を聞き、月々の費用、電気代、水そのものの代金を考えたうえで設置を決定しました。

ペットボトルにサヨナラ!

ウォーターサーバーを導入するまでは2L,1L,500mlのペットボトルを何本もゴミとして出していました。ペットボトルはかさばるので、ゴミの日を間違えると溜まってしまいとても邪魔です。でも「うるのん」を設置したことで日常生活での飲み物がほぼ水になり、ジュースを買うことが一気に減りました。ペットボトルでは「手が届く範囲に冷水がある」というのは無理な話でしたが、ウォーターサーバーのおかげで自宅で集中力を切らさずに作業ができるようになりました。

一番意外だったのは節約になっていたこと!

契約する前から「ウォーターサーバーは維持費が高い」という印象がありました。水を数ヶ月分まとめて、かつ定期的に購入する点も煩わしく思っていたし、天然水とはいえ水そのものの料金も高いなあと感じていました。だいたい12Lあたり1400円程度です。安い通販サイトでは2Lの天然水が12本(24L)で1200円程度なので丁度2倍くらいの価格差があります。しかし、ウォーターサーバーを設置したことでペットボトル飲料を購入することが驚くほど減りました。そして結果的にウォーターサーバーを設置したことで月1000円程度の節約に成功し、とても満足しています。

赤ちゃんのお世話のお役立ちアイテムにウォーターサーバーを使ってみませんか?

ウォーターサーバーを導入したきっかけ

赤ちゃんのお世話のお役立ちアイテム。各ご家庭によっていろいろなアイテムがあると思います。その中でも、私はウォーターサーバーがとっても役に立ちました。私には娘が一人おりますが、苦労したのが夜中の授乳。

母乳が出たらひょいと服をめくって授乳できたのですが、初産で帝王切開だったためか、なかなか母乳が軌道に乗らず、授乳のたびにミルクを作らなければなりませんでした。しかも娘は12月生まれ。台所に行く→お湯を沸かす→粉ミルクを熱湯で溶かす→流水で人肌の温度になるまでさます→授乳この一連の流れを寒さに凍えながら授乳のたびに行うことは、可愛い可愛い娘のためとはいえ辛いものがありました。なんとかこの調乳タイムを縮めることはできないだろうか…。

そう悩んでいるときに、先輩ママに勧められたのがウォーターサーバーでした。その存在は知っていましたが、なんだかお金のかかるイメージがあり敬遠していました。でも先輩ママの話を聞いてみると、サーバーのレンタル代は無料。水の値段も500mlに換算すれば79円!試してみて損はないかなと思い、早速我が家にも導入することにしました。

実際にウォーターサーバーを使ってみて

ネットで申し込んだ一週間後にサーバーと水が届き、寝室に設置。設置にかかった時間はわずか10分程度。水が入ったボトルをサーバーにセットして電源プラグを差し込むだけ。我が家が選んだサーバーは足元にボトルを入れるタイプのサーバーだったので、女性の私でも簡単にボトルをセットすることができました。

冷たい水が出るまで一時間ほどかかるとのことだったので、電源を差し込んでから一時間後に試飲。注文したのは「富士の響」という富士山のお水。口当たりもよく丁度いいくらいに冷えていて、何度もお替りしてしまいました。これなら娘にも安心して与えることができる。そう思い夜中の授乳に挑みました。娘の泣き声で目を覚ますと、あらかじめ寝室に置いてあった粉ミルクと哺乳瓶を取り出し、調乳開始。

ウォーターサーバーのお湯の温度は80℃~90℃。まずはお湯を哺乳瓶に入れて粉ミルクを溶かし、冷水を大きめのコップに入れてそのコップの中に哺乳瓶をIN。人肌の温度まで冷めるのを待ち授乳。今までかかっていた時間の約半分で調乳タイムを終えることができました!夜中の調乳に苦労されている方は是非試してみてください。

Menu

TOP